logo.jpg

プラスチック金型&成形 株式会社モルテック
川崎市中原区宮内2-6-9 TEL 044-777-6744

HOME > 歯磨きミラー物語

メンバー.jpg

Team K-loud(チーム・クラウド)メンバー
左から 松井宏一・青山宗嗣・石塚博臣

川崎市内の地域連携グループ Team K-loud(チーム・クラウド)とは、㈱青山プラスチック塗装の青山社長・ダイヤ工芸㈱の石塚社長、そして私の3人でつくった商品開発・販売のためのグループです。商品第一弾は、歯磨きミラー『HAMIL』、2年かかってようやく販売開始となりました。

チーム名.jpg

チーム名の由来

川崎市内の企業が商品開発のために集まり終わると離れていく、雲のようにゆるやかな連携をイメージしています。クラウドの「C」を「K」に変えたのは、「川崎」の「K」です。


口の中.jpg

なぜ歯磨きミラー?

私(松井)は数年前から歯科医院の定期健診にかよっています。毎回ブラッシングの指導を受けるのですが、自宅で試すと口の中がよく見えないので上手くできません。口の中を明るく照らすミラーがあったら・・というのがこの商品企画の始まりです。


平川貴啓.jpg

デザインは大切です

3つの会社が集まれば大抵のモノはできるのですが、デザインだけは無理があります。デザインがよくなければ商品は売れません。モルテックの自社商品「ウィズラビ」などのデザインでお世話になった平川貴啓氏が協力してくれることになりました。


歯医者さん.jpg

歯医者さんに協力依頼

歯磨きに使うミラーですから歯医者さんの意見も聞きたいところです。通院している歯医者さん(西の原歯科医院様)に企画書を書いて協力をお願いしたところ、快く引き受けていただけることになりました。完成までの2年間、いろいろとアドバイスしていただきました。やはり専門家の意見は貴重でした。


ミラー.jpg

ミラー製作に苦労

鏡のパーツは、とても重要です。ガラスの鏡を使うと落としたときに割れて危ないし、重くなります。軽くて丈夫なプラスチックで作ることにしたのですが、なかなか上手くいきません。最初はプラスチック板にアルミ箔をホットスタンプするつもりだったのですが、表面に付けると強度が足りないし裏面だとボケて見えます。さらに変形まで発生し・・・でもこの時に起きた変形が拡大機能に大きな役割を果たすことになります。ここから先は企業秘密です。(笑)


デザイン.jpg

デザイン完成

いくつものデザイン案の中から1つに絞り、モデリングデータから3Dプリンターで試作品を作りました。スッキリと清潔感があるデザインで持った感触もいいので、これに決定です。


ライト.jpg

LEDライト選定

機構部品で最後まで決まらなかったのがLEDライトです。大きさや照度、照射角度など様々な面から選択する必要があります。たくさんのLEDを購入して組み込みテストを重ねました。暗い場所でも奥歯まではっきりと見えることが必須です。本体への取り付け角度も試行錯誤しながら、ようやくLED部分のパーツが見つかりました。


HAMILロゴ.jpg

商品名

さて、ここまできて重要な問題が残っていました。商品名が決まっていなかったのです。「歯磨きミラー」という意味が伝わり、覚えやすい名前でロゴにもしやすい名前は?メンバーの中で意見を出し合い、ようやく決まりました。『HAMIL』・・ハミル=「歯を見る」からきています。ロゴは2種類つくり本体カラーによって使い分けることにしました。


デザイン2.jpg

金型→成形→塗装→印刷→組立

モルテックで金型を作り成形まで行います。青山プラスチック塗装さんでは塗装と組立、ダイヤ工芸さんではミラー製作と印刷、3社が協力しての量産開始です。カラーは4色、平川氏が妥協を許さない色決めを行いました。


チラシ.jpg

販売開始

HAMILは、2013年7月1日より川崎市内の歯科医院にて販売開始となりました。チラシも完成です。(画像クリックで拡大します)販売していただける歯科医院を募集中ですので、よろしくお願い致します。
通販でも販売開始しました。
お買い物はコチラからどうぞ。